NEWS ARCHIVES : 2014年1月

2014.1.11

石居麻耶個展「 Tokyo Light 」@六本木ヒルズA/Dギャラリー

2014年1月17日(金)-1月27日(月) 12:00-20:00 ※入場無料

ROPPONGI HILLS A/D GALLERY
106-6103 東京都港区六本木6- 10-1 六本木ヒルズウエストウォーク3F
Tel:03-6406-6875

140117ad

石居麻耶は、ペインターの傍らイラストレーターとしても活躍中。万城目学や林真理子の作
品の表紙画や挿画などを担当。今展では、イラストレーターの技法や素材を使い「東京」を
テーマに石居麻耶の新たな世界を展開します。

2014.1.11

藤原由葵 個展 “どこに生息?藤原由葵”

2014年1月17日(金)-2月1日(土) 14:00-19:00 (土-12:00-19:00) 日・月 ・祝休廊
※1月17日(金)18:00-20:00 レセプション

140117

“水火 (すいか)/Fire and Water” 2013 油彩画•麻布張りパネル 72.7×91.0cm

どこに生息?
『私の生息地は一見、人工物と人だけで間に合ってしまっている。
今のところ空気も水も異変無く、エコノミー族、太陽フル活用で制作し、人以外の自然との接触は疑いつつも食にかろうじて在り、ガラス越しに外を伺えばポツポツ木々や草花、野鳥達を見る程度。
自然は人災により、人は天災により生活区域を奪われ合う。特にあの震災だと指し示せない、地球のあちこちで生じる数々の災い。
自然は人を同類として受動しているに過ぎず、強いていじめたり責めたりしてはいない。自然の脅威を受けず、ある意味平安な日常をこの人間社会で過ごしていると、ちょくちょく人が一番の恐怖や天敵になる。
私の絵は一見、非日常的環境かもしれませんが、心はこれらに生息しています。このままなんとか助かって、描いた生物達を絵で救えたらいいのに。』

藤原由葵

 

1401172

“生息地について /Where’s your habitable place?” 2013 鉛筆画 24.5×33.3cm