current
upcoming
past
石居麻耶 個展 「〜光と記億の空隙(Hazama)〜」 @Bunkamura Box Gallery

2014年12月27日(金)-2014年1月5日(日) 10:00-19:30 (最終日は17:00まで)

【年末年始の営業時間】1/1のみ休廊、12/31・1/2・1/3は18:00 まで

Bunkamura Box Gallery
150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura 1F メインロビーフロア
Tel:03-3477-9174 Fax:03-3477-9178
URL: http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/box_131227ishii.html


“告白” 2012 ペン、色鉛筆、ボード 51.8×72.8cm

冬のぬくもりを感じさせるような優しさのある画面。石居麻耶の作品を観ていると、まるで映画の断片を見ているような感覚に陥る。

全体的に単色の作品にも関わらず、何色もの光りの存在感を感じさせ、普遍的な「思い出」に対するノスタルジーと共に、煌く空気感を含む「未来」への希望を併せ持つ。

時間軸を超えたありのままの光景は、石居のフィルターを通すことで、なんとも清々しく柔らかなアート作品に仕上がるのだ。

大胆な構図と繊細な表現で、確立したスタイルを持つ石居麻耶。彼女はイラストレータとしても活躍しており、過去には万城目学の「鹿男あをによし」や「プリンセストヨトミ」、

林真理子の「アスクレピオスの愛人」などの表紙画や挿画を担当し、一躍有名になった作家である。

Bunkamuraでの発表は3回目となる今展では、彼女にとって新境地であるペンや色鉛筆を使っての作品を中心に展示/販売する。進化し続ける石居が作り出す新しい風景

を、是非ご覧頂きたいと思います。